原美織

By 2019年3月7日 6月 20th, 2019 撮影後記

雨戸がわずかに開いた薄暗にまよいを置いてみた。蝋燭のあかい灯火と女のエロチシズムを求めて。暗がりに浮き立つ白いうなじ、暗がりでこそより白い肌が見える。


縛り、縄の妙味が体の背面にほどこされるのは捕縄術の種々からうかがえる。前面ならば女の顔の表情で哀しさ苦しみ辛さを観ることができる。背面にそれが表現されるのは手である。手は顔であり女の性器であると言っていたのは故濡木氏である。
にもかかわらずセレクト時代は手を硬く握りしめることでいちように表現してしまった。いま思えばあれは間違いであったと反省しなければいけないかと思うが。原美織によっては、俺が幾度も手を開いて体の感情を表現してくれと伝えてもいつしか手を握りしめてしまう。
表現が一様でないように縄の刺激も微妙な伝わりの変化をもたらすものか。それにしても縄の恍惚感に浸る女のすらりとした指が緊張にうちふるえる美しさはえがたいものだ。全身の興奮がそこに見られる美しさは緊縛でこそある美である。

原美織を独断でスケッチしてみる。厳しく縄をかけたのは、三和出版の写真集の撮影であった。150㎝ほどの小柄で体は柔らかくもち肌のしっとりとした皮膚は手に吸い付くような感触。童顔で笑顔が可愛らしい、だが小鼻に意思のきつさがみえる、怒れば火のごとく噛み付くタイプか?編集部から話を通していたのか吊りをしてみると、やすやすと逆さ吊りを15分ほど楽しむではないか。これならば桟敷でも興味をもって撮影をしていただけると思い今回の実現を行った。
この逆さ吊りの経験をもとに片足逆さ吊りから片足開脚逆さ吊り花芯責めまでも責められた事は、読者と共に感謝のしだいである。ふっくらとしたお尻は眩しいかぎりだ。期待して観てください。BBSに感想をいただけると詩織さんは喜びます。

※三和出版から「緊縛愛奴・原美織」という写真集も発売中です。

文 杉浦則夫

撮影:杉浦則夫 緊縛:奈加あきら 助演:鏡堂みやび 制作:杉浦則夫写真事務所
掲載開始日 2019.3.7・14 掲載終了 2019.4.11

杉浦則夫緊縛桟敷 掲載内容  会員登録ページ 

注意:
月額会員サイト「杉浦則夫緊縛桟敷」でのダウンロード作品の掲載期間は四週間です。
掲載終了後は姉妹サイト「緊縛桟敷キネマ館」にて販売される予定となっております。※販売時期は当分先になります。
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →

原美織

コメントをどうぞ

杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)