桜夜まよい

By 2019年2月21日撮影後記

雨戸がわずかに開いた薄暗にまよいを置いてみた。蝋燭のあかい灯火と女のエロチシズムを求めて。暗がりに浮き立つ白いうなじ、暗がりでこそより白い肌が見える。


ロー泪がうなじからほうに流れる。まよいは「ウー」呻き。暗がりであるこそ心にしみる。
花芯に差し込まれて太いローソクから太ももに垂れ流れるいく筋ものロー泪が白い肌を桜色に染める、だがまよいは苦痛の叫びをもらすどころか、うっとりと微笑さへもたたえて身体に起こるなにものかをもとめている。中心のない円空。

ちびでがんばりや?のまよい。チビはいつも負けん気が強く、忍耐力がある。どうしてかと理論をひけば、チビはいつも上を向いて生きている。おのずと向上心にとむ。(駄論)桜夜は昭和の女の体型をしている。失礼ながら短足である。この体型はじつに緊縛にむいた体つきである。その頃に濡木さんが今の歌舞伎役者は足が長くて様にならないとこぼしていた。それと同じように緊縛はどうも8頭身のような西洋の彫像のような体型は苦手とする。この体型が尻のボルームを猥褻にみせる。
奈加さんは縛りやすそうで滑らかな縄筋を作っている。「こんど俺の縄会のモデルをしてくれないか」と勧誘している。それもそのはず逆海老責めをこなして吊までの変化を耐えている。

文 杉浦則夫

撮影:杉浦則夫 緊縛:奈加あきら 助演:河辺匠 制作:杉浦則夫写真事務所
掲載開始日 2019.2.21・28 掲載終了 2019.3.28

杉浦則夫緊縛桟敷 掲載内容  会員登録ページ 

注意:
月額会員サイト「杉浦則夫緊縛桟敷」でのダウンロード作品の掲載期間は四週間です。
掲載終了後は姉妹サイト「緊縛桟敷キネマ館」にて販売される予定となっております。※販売時期は当分先になります。
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →

黒木いくみ

コメントをどうぞ

杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)