ジュン

By | 撮影後記 | コメント 0

蚊帳を使って撮影をしますと伝えると、それではかき氷パーティの浴衣にたすき掛けが色気があるということで、樹里さんはお店のかき氷機とすだれを用意してくれた。たしかにたすき掛けのジュンは俺の子供時代の近所の奥さんの様で親しみがある。母性的な包容力を感じさせる。

続きを読む

羽月希

By | 撮影後記 | コメント 0

梅雨に入ったのか雨降りが続く、ほまれは明日の庭で模様されるお茶会のために新調した夏物の和服を着れるのを楽しみにしていた。なんとしても晴れてくださいと無邪気にもてるてる坊主を軒下のに下げている。気持ちを明るくたもとうと笑顔でいる。三十路を過ぎても童顔のほまれはその笑顔が充分に初々しい。

続きを読む

桜夜まよい

By | 撮影後記 | コメント 0

俺の初期の写真で向島百花園の蔵で撮った写真でどうしても再現してみたいとかねがね想っていた写真があった。それは両腕を太い丸太に縛り付けて体はだらりとさがった、緊縛としては見栄えがだらしないカットではあるが、見るたびにもやもやとした物語がみえそうであるが、だがただだらりとさがった肉体をみつめるばかりの写真である。それを今回の撮影で実行してみた。

続きを読む

月乃悠

By | 撮影後記 | コメント 0

ひさびさにHajime Kinokoくんに縛りを依頼できた。彼に群がる女の数は驚くほど多い。先日のKinokoくんの「縄あと」展を観にでかけたが、驚くなかれ会場をあふれて場外に若い女性がたむろする。個展においてこのようなことが起こるのは前代未聞だ。

続きを読む

黒木いくみ

By | 撮影後記 | コメント 0

唇をテーマにした絵画の名作が多くある。それは男性目線の唇を花芯にみたてた作品だ。もちろん形と表情は好みではある。黒木の肉厚なふっくらたした唇はセクシーであり、それを使ってのオーラルセックスはどれほどの快感を与えてくれるものかと想像しながら撮影をしていた。

続きを読む

桐谷美羽

By | 撮影後記 | コメント 0

縄を人体に掛ける行為の始まりが戦国時代の捕虜に縄を手首から首に回したと云われている。たぶんそれは荒縄であろうと推測する。荒縄は縛りのとめが難しく扱いにくいが、いかにも軒下からもちだしたようで、用意された麻縄よりもリアリティーがあるように感じる。

続きを読む