桜夜まよい

By | 撮影後記 | コメント 0

俺の初期の写真で向島百花園の蔵で撮った写真でどうしても再現してみたいとかねがね想っていた写真があった。それは両腕を太い丸太に縛り付けて体はだらりとさがった、緊縛としては見栄えがだらしないカットではあるが、見るたびにもやもやとした物語がみえそうであるが、だがただだらりとさがった肉体をみつめるばかりの写真である。それを今回の撮影で実行してみた。

続きを読む

月乃悠

By | 撮影後記 | コメント 0

ひさびさにHajime Kinokoくんに縛りを依頼できた。彼に群がる女の数は驚くほど多い。先日のKinokoくんの「縄あと」展を観にでかけたが、驚くなかれ会場をあふれて場外に若い女性がたむろする。個展においてこのようなことが起こるのは前代未聞だ。

続きを読む

黒木いくみ

By | 撮影後記 | コメント 0

唇をテーマにした絵画の名作が多くある。それは男性目線の唇を花芯にみたてた作品だ。もちろん形と表情は好みではある。黒木の肉厚なふっくらたした唇はセクシーであり、それを使ってのオーラルセックスはどれほどの快感を与えてくれるものかと想像しながら撮影をしていた。

続きを読む

桐谷美羽

By | 撮影後記 | コメント 0

縄を人体に掛ける行為の始まりが戦国時代の捕虜に縄を手首から首に回したと云われている。たぶんそれは荒縄であろうと推測する。荒縄は縛りのとめが難しく扱いにくいが、いかにも軒下からもちだしたようで、用意された麻縄よりもリアリティーがあるように感じる。

続きを読む

美帆 番外編

By | 撮影後記 | コメント 0

こもを被った瞽女の行き倒れを能面(小面)に仕立ててシリーズとして撮っていこうと残雪の残る高地へでかけた。イメージとしては小雪が舞う冷気を求めたが、あいにくの晴れた悪条件であった。それでも陽が山に沈むまで待ち、雪面をつたう風が美帆の裸肌を凍えさせる時を待った。

続きを読む

白凪ましろ

By | 撮影後記 | コメント 0

身長152㎝ウエスト57㎝は腹のでた俺のウエストと比べると半分にもみたない見事な蜂の胴だ。故濡木氏ならば涎を流して喜ぶ体型だ。濡木さんはこのような細いウエストを厳しく縛り下腹部を蜂の腹のようなふくらみでのエロチシズムをひきだしていた。

続きを読む

杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)