黒木いくみ

By 2019年2月14日 撮影後記

若い女は肌艶に花があっていいものだ。ましてや黒木の雪肌に縄がかかると弾力のある肌がピーンとはる。


見とれていると大きな黒目に涙を一杯にため大粒の涙をポロリと落とす。目もとを薄っすらと染めながらトロリと落ちる。
無口な黒木であるから涙のワケが聞き取れない。痛い苦しいのではない。もともと縛りを好んで奈加さんのスタジオに個人的にも通う人である。だからきっとそれは縄に感じ入っていると思うのだが、どうもそうでもないようでもある。
縄に触れて感じいる女性はおおかたは縄とめされると頭が空になるが、黒木はそのようでもないらしい。貴重新種かもしれない。

文 杉浦則夫

撮影:杉浦則夫 緊縛:奈加あきら 助演:鏡堂みやび 制作:杉浦則夫写真事務所
掲載開始日 2019.2.7・14 掲載終了 2019.3.14

杉浦則夫緊縛桟敷 掲載内容  会員登録ページ 

注意:
月額会員サイト「杉浦則夫緊縛桟敷」でのダウンロード作品の掲載期間は四週間です。
掲載終了後は姉妹サイト「緊縛桟敷キネマ館」にて販売される予定となっております。※販売時期は当分先になります。
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →

黒木いくみ

コメントをどうぞ

杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)