葉月桃

By 2020年10月8日 撮影後記

若い肌を堪能できる写真だと思う。葉月桃白い肌が眩しい、そして彼女は楽しそうに縄を受けて。そして辛さに涙を溢すのだった。涙が渇いた時には笑顔が戻った。小さな乳頭は桜色。白い肌に蕾をつけて咲いている。


まるで処女だ。AV女優に処女は変だが、深澤七郎の作品笛吹川に「川は三尺流れると清くなる」というくだりがある。女はsexしても「三歩あるけば処女になる」が俺の持論であった。それは女を揶揄したのか俺の願望かは不確かだ。だが葉月さんは処女の様に清らかだ。撮影現場が春の様に麗かな空気感があった。吊りの時にモデルを下から支えるのをホルダーという。そのホルダーに「私は重いから」と吊りの度に謝る気使いの出来る優しさも持っている。ああそんな葉月を泣かしてしまうのであった。
涙にもいろいろあれど、充足感に泣く女、厳しい責めに泣く女。
文 杉浦則夫

撮影:杉浦則夫 緊縛:鵺神蓮 助演:鏡堂みやび 制作:杉浦則夫写真事務所
掲載開始日 2020.10.1・8 掲載終了 2020.11.12

杉浦則夫緊縛桟敷 掲載内容会員登録ページ

注意:
月額会員サイト「杉浦則夫緊縛桟敷」でのダウンロード作品の掲載期間は四週間です。
掲載終了後は姉妹サイト「緊縛桟敷キネマ館」にて販売される予定となっております。※販売時期は当分先になります。
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →

コメントをどうぞ

杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)