2015年1月15日

By 近況報告 コメント 0

芥川賞の入選をめざす作家が茶びついっぱいに駄作を溜め込むがごとく、俺と美帆で撮っている写真が貯まるいっぽうだ。
俺の計画はそれらの写真を電子bookで発売したり(+縄+想い 美帆)のタイトルでいつか個展を開きたいと撮っている。個展だからといって気取ることはない肩の力を抜いていつもの力で撮影をするがいいのであろうが、それをあえて斜に構えてThe個展写真を撮ろうとしている。これは間違った方向かと自問しながら何か見つける事が出来るのではとあえてそのスタンスで取り組んでいる。欧米の緊縛写真には物語が見えないからつまらないといわれるが、まさに作品ともなるとおおにして耽美的で内容が軽い画像が撮れてしまう、俺にとって今の壁である。

写真の掲載は個展用ではないが容赦を願いたい。

杉浦則夫

艷枕物語 第10巻 山崎みどり

By 近況報告 コメント 0

010-01-title杉浦則夫緊縛桟敷の会員サイト内で見れるWEB書籍に新しいコンテンツ「艶枕物語」が始まりました。
これは作家さんが杉浦則夫作品に物語を付けてくれた作品です。以下一部をご紹介します。

艷枕物語 第10巻 山崎みどり
写真 杉浦則夫 文 春原悠理

… ぼくは、ミドリにたくさんの風景を見せてあげたいから。当たり前のことだけしていたら、当たり前のものしか見られない。「いけないこと」と聞いたら、胸がざわざわするでしょう? 悪いことをしていると思ったら、なんだか居心地が悪いような気になるでしょう? 実はそこからがはじまりで、世界が広がるのはそのあとなんだよ。 …


緊縛写真

By 近況報告 コメント 0

昨年の暮れに久しぶりにフイルム使用のカメラCONTAX6x4.5を標準レンズ1本で撮影をした(他のカメラたちはまだほこりをかぶって眠っています、バッテリーを抜いてありますがまったく状態がつかめていません) 続きを読む

一年間ありがとうございました

By 近況報告 コメント 0

2014年こそ何かが見つかる年と意気込んで出発したが、そんなに簡単になにかが見つかるものではなかった。その何かさえも危ういもので終わる。いや始めるのだ、昨日久しぶりでカメラを(フイルム撮り)手にした。事前に準備にかかりカメラをもちだしてみると愛用のマミヤ6×4.5の標準レンズにカビが発生しており落胆した。おおくのカメラを知人が持ち去り、故障をおこしたら修理できない状態でフイルムとりに挑むことになった。これは俺の趣味にちかい気持ちでやるのであるからどこまで公開できるのかはわかりません。そんな目論見を持ちながら2015年を迎えます。一年間ありがとう。

杉浦則夫

艷枕物語 第9巻 斉藤はるか

By 近況報告 コメント 0

009-01-title杉浦則夫緊縛桟敷の会員サイト内で見れるWEB書籍に新しいコンテンツ「艶枕物語」が始まりました。
これは作家さんが杉浦則夫作品に物語を付けてくれた作品です。以下一部をご紹介します。

艷枕物語 第9巻 斉藤はるか
写真 杉浦則夫 文 春原悠理

「いつもと違うことって?」
クローゼットの取っ手にはるかの手首を縛りつけたお兄さんは、背中を向けてバッグの中をかき回しています。「これだよ」と振り向いたその手には …


艷枕物語 第8巻 加藤時子

By 近況報告 コメント 0

008-01-title杉浦則夫緊縛桟敷の会員サイト内で見れるWEB書籍に新しいコンテンツ「艶枕物語」が始まりました。
これは作家さんが杉浦則夫作品に物語を付けてくれた作品です。以下一部をご紹介します。

艷枕物語 第8巻 加藤時子
写真 杉浦則夫 文 春原悠理

その瞬間、わたしの心臓はぎゅっと握り潰されたように縮み、痛みを感じるほどでした。でも、それは思わず小さく悲鳴をあげてしまうほどの快感なのです。先生の手の中で小さな塊となったわたしの心臓は、刻むことを忘れたようにその手のひらの感触を楽しみました。


艷枕物語 第7巻 多岐川梨沙

By 近況報告 コメント 0

makura-007-img杉浦則夫緊縛桟敷の会員サイト内で見れるWEB書籍に新しいコンテンツ「艶枕物語」が始まりました。
これは作家さんが杉浦則夫作品に物語を付けてくれた作品です。以下一部をご紹介します。

艷枕物語 第7巻 多岐川梨沙
写真 杉浦則夫 文 春原悠理

 その時、彼女の両脚は大きく開かれているときもあれば、ぴったりと閉じている時もあります。わたしはこちらのカーテンの隙間から、そんな彼女の様子をどきどきしながら見つめているのです。


杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)