紫月いろは

By 2019年9月12日 近況報告

いろはのウエストにかけた縄が異常なぐらい食い込み細い体を痛めていた。それはまた異常なぐらいの美しさをみせている。俺は撮り続けた。

責め縄は危険であるがそれだから美しい。禁止を犯してこそ豊潤な縄の美が現れる。<それはいろはが縛りの限界を知っているからこそ許される行為であり、経験の浅い人は真似をしないでください>
朝鮮王朝の刑罰に脚を棒で挟み二人刑役が剛力で責める罰がある。それを形は違うが褌姿のタクミくんが竹の棒を脚に差し込み責め立てる。古い時代の折檻図が見える。むしろに座した後ろ姿に憐れな静寂がたつ。

深く縄に身を置いた女が作る空間で撮影をする享楽じみた愉悦。そこに女が居ることですでに非日常を伝える。無音のうちにも肉体のざわめきが聞こえる。

文 杉浦則夫

※会員サイト内にて紫月いろはさんの感想文も掲載中です。素晴らしい内容ですので、入会後にはぜひ一読してみてください。

撮影:杉浦則夫 緊縛:奈加あきら 助演:河辺匠 制作:杉浦則夫写真事務所
掲載開始日 2019.9.5・12 掲載終了 2019.10.10

杉浦則夫緊縛桟敷 掲載内容  会員登録ページ 

注意:
月額会員サイト「杉浦則夫緊縛桟敷」でのダウンロード作品の掲載期間は四週間です。
掲載終了後は姉妹サイト「緊縛桟敷キネマ館」にて販売される予定となっております。※販売時期は当分先になります。
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →

紫月いろは

コメントをどうぞ

杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)