09:30 目黒スタジオ入り。あいにくの雨、だがこのような天気は緊縛撮影の好条件

10;00 レイをスタッフに紹介してメイクを始める
10;43 最初のカットを撮る。小雨降る庭で木製の手枷をつけてレイと佇ませる(手枷は奈加氏制作)黒髪が雨に濡れ予想を超えた哀れな美
11;26 メイクを整えて、部屋でくつろぐレイ。さきほどまでの少女ぽさの残る笑顔が消えると、自立心が強いきりりとした顔立ちだ
11;47 突然の侵入者に襲われる
13;01 後手に縛られて庭に面した廊下に佇む、濡れたスリップ姿
13;51 逆さ吊り。胸縄、太もも、足首の三点吊り。美しい乳に喰い込む剛縄。逆さのレイの表情にこの撮影にのぞむ覚悟ができたとみる
14;00 昼食
15;01 1燈ライトで美しいホルムを撮る。膝まで下げたパンツで佇む姿に強いエロチズムを観る
15;37 レイの守り神なのか魔物の入れ墨を見せて佇む
15;54 片足開脚吊り横。美脚がいい
15;58 両足吊り横。うめき声がもれる
15;59 興奮する匠くんは口を開かせて赤いクリップで舌を責める
16;06 片足をほどき再度片足吊り横。美しいホルムは幾度も美しい
10;08 吊りを終える。吊り縄をとかれて、緊張から解放されて
16;57 手首を柱に縛り、足首に竹をほどこして開脚に晒す。
17;04 開脚だるま転がし。猥褻なり猥褻なり、あつぱれな猥褻。開いた花芯におもちゃが挿さる
17;23 まだまだおもちゃの技をもてあそぶ匠くん
17;30 縄を解く
17;59 犬ばいで花芯をのぞく
18;08 腹ばい上腕の吊り。お尻の筋肉がくいとシマリいかにも可愛らしい
18;24 上腕吊り。逆海老もどき。腕がきしむ
18;25 上腕吊り、横吊り。そろそろ上腕の限界だ降しましょう・長い休憩、その間に上腕をお湯で温める

19;04 座りつま先立ち足縛り責め。いくどもバランスを失う。あえてせなかの縄尻はつけず
19;09 胡座縛り
19;19 胡座ころがし。クスコを挿入。女体の神秘をのぞく。(?)それは医学的なことでありなんらそこには色艶はない。だがそこを見たい知りたいは世の常か
19;45 終了

レイは初めての経験で楽しかったと笑顔で帰る

文 杉浦則夫

作品中の小道具「枷」は奈加氏制作

撮影 杉浦則夫 緊縛 奈加あきら 助演 河辺匠 制作 杉浦則夫写真事務所
掲載開始日 2018.8.2・9 掲載終了 2018.9.16
杉浦則夫緊縛桟敷 掲載内容  会員登録ページ 
注意:
月額会員サイト「杉浦則夫緊縛桟敷」でのダウンロード作品の掲載期間は四週間です。
掲載終了後は姉妹サイト「緊縛桟敷キネマ館」にて販売される予定となっております。※販売時期は当分先になります。
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →

コメントをどうぞ