森末くるみ

By 2019年5月23日近況報告

くるみは表現力のある女性ではなかった。ただ呆然とそこにあるだけである。それは閲覧者にとっては物足りないものでしょう。だがそこには芝居じみたオーバーアクションがないのは救いではないだろうか。


見方によっては素の女性がある。演技をしない女性がここにいる。もし閲覧者にその素顔からの時の動きを想像できるならば、この21歳のくるみの像も一つの素材ではないだろうか。
ゴム毬のような弾力の白い肌。これは椋陽児画伯の世界を展開しようと鏡堂画伯と話して取り掛かった。少女のあどけなさを大切にそのままに写真にしようという意味である。それはなかなかの困難な仕事である。

椋さんはかっては我々の写真をコピーして独特な鉛筆タッチで描いていたが、それを逆に今俺がコピーするとなるとあの少女の哀れさのエロチシズムには到達できない。一人の孤独な老人の少女に向かう略奪に近い想いを写し込むことは困難であった。

文 杉浦則夫

撮影:杉浦則夫 緊縛:奈加あきら 助演:鏡堂みやび 制作:杉浦則夫写真事務所
掲載開始日 2019.5.16・23 掲載終了 2019.6.27

杉浦則夫緊縛桟敷 掲載内容  会員登録ページ 

注意:
月額会員サイト「杉浦則夫緊縛桟敷」でのダウンロード作品の掲載期間は四週間です。
掲載終了後は姉妹サイト「緊縛桟敷キネマ館」にて販売される予定となっております。※販売時期は当分先になります。
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →

森末くるみ

コメントをどうぞ

杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)