杉浦則夫プライベート緊縛写真

By 2015年5月1日 新作案内

「+縄+想い 美帆」のタイトルでtwitterに投稿して前回で28回(2月26日現在)になった。Twitterでは乳頭や陰部を外した写真ばかりをだったが、今回は初のフルサイズ公表となる。

この撮影の間に美帆は蜘蛛膜下出血を患い2ヶ月の闘病生活、日ごろは喧嘩ばかりしている仲ではあるがいざ生死のはざまにあると俺の心配はただごとではなく、集中治療室の昏睡状態の間は俺は中学生のような純粋さで悲壮な心配をした。退院後の一言が「なわ、縄がしたい」であった。再開されたのが去年の4月。この時に撮った写真を見ると心身ともにアクが抜けたというか汚れのない澄んだ顔であったー天女ーそれも1年もたてば日々の汚れにまみれてしまった。夏から秋にかけて2度サンフランシスコに縛りのレクチャーに二人で出かけた。この後に俺の膀胱癌の手術、カテーテルを抜く時の痛みはひどい、この痛みを忘れないようにして再発を避けろと天の声か、禁煙します。この写真は二人の葛藤、不安をエロスにぬりかえた写真とした。

blog-photo-009-1-s

美帆[濡れ縄] – プライベート写真集 第三弾 –

後手 股縄 黒髪 クリップ お尻 和服 蝋燭 涙 吊り
杉浦則夫×美帆のプライベート緊縛写真集、第三弾です。本作品の制作は二人きりの密室で行われ、縛りから撮影までを杉浦則夫一人で行った作品です。



※リンク先は姉妹サイト緊縛桟敷キネマ館となります。

コメントをどうぞ

杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)