この写真から物語をイメージ出来ないものであろうか。俺はしばしば物語を描いて撮影しているが。
それが写真を読むということではないだろうか。

1件のコメント

  • キャリア35年+α より:

    私はかねてより緊縛写真を見ながら、妄想のストーリーを作り上げては楽しむということを常としてきました。
    この写真で私が感じるポイントは、まだ束ねられてそれほど乱れていない黒髪、上半身はシンプルながらきつめの縄がけ、下半身は縛りなし(それにしてもそそられるお尻です)。
    ほかには床に無造作に脱ぎ捨てられた着物、うすぼんやりとした照明の寝床。
    柱に寄りかけられたように見える頭部が何かを語りかけています。
    真っ先に、借金のかたに金持ちの変態親父に体を売ることになった女性が、決心がつかず寝室に入るのを躊躇しているという、まるで昔のSM小説のようなありきたりのストーリーが浮かんできてしまいました。
    先生には失格と言われそうなので、もう少し考えてみます。

コメントをどうぞ

杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)