杉浦則夫写真展「青玄の女図 」NORIO SUGIURA Photo Exhibition

By 2019年8月20日 11月 13th, 2019 近況報告

杉浦則夫写真展「青玄の女図」

〜怨念の微笑を探って、小面と肉体の作る幽玄を求めた〜

NORIO SUGIURA Photo Exhibition「SEIGEN NO ONNAZU」

面はそこにある美だけでは充分ではない それを使う者こそが面を創る 美帆は見事に表現していた

杉浦則夫

※会期中のイベントなどの情報はこのページで公開します。
Information on events during the exhibition will be released on this page.

2019.10.29〜11.3
Open11:00- Close21:00 (11/3 17:00)
※閉館時間が21時に変更になりました。
※11/3のみ閉館時間が17:00となります。
The closing time is 17:00 only on November 3rd.
GARALLY LE DECO(ル・デコ)
東京都渋谷区渋谷3丁目16−3 髙桑ビル 6階
TAKAKUWA Bldg 6F, 3-16-3 SHIBUYA, SHIBUYA-KU, TOKYO, Japan

Map

入場料金(Admission fee) 500 Yen

トークイベント (Talk Show)

2019.11.2 (Sat) 19:00~20:00

杉浦則夫 × 末井昭 ※司会 神田つばき

末井昭(スエイ・アキラ)
1948年、岡山県生まれ。デザイン会社やキャバレーの看板描きなどを経て編集者となり、セルフ出版(現・白夜書房)の設立に参加。『ウィークエンドスーパー』、『写真時代』、『パチンコ必勝ガイド』など話題の雑誌を次々と創刊する。白夜書房取締役編集局長を経て、2012年に白夜書房を退社。現在はフリーで編集、執筆活動を行なう。2014年、『自殺』で第30回講談社エッセイ賞を受賞。2018年、自伝『素敵なダイナマイトスキャンダル』が映画化。

青玄の女図 CM 其の五

其の四

其の三

其の二

其の一

本対談は終了致しました。

トークイベント (Talk Show)

2019.10.30 (Wed) 18:30~19:30

杉浦則夫 × HajimeKinoko ※司会 葵マリー

Hajime Kinoko
縛りをエロスと捉えるだけでなく、ポップな解釈やアートへの昇華も得意とし、特に自然(木や岩など)や空間までも縛るユニークな作品性は評価されている。近年はパフォーマンス以外に、写真や映像によるアートワークも精力的に発表。縛りと撮影、演出のすべてを手がける。また国内のみならず、パリ、ロンドン、ミュンヘンなど20以上の主要都市で公演やワークショップを行っており、海外での認知度も高い。日本を代表する縄のスペシャリスト。
Hajime Kinoko氏ホームページ引用

コメントをどうぞ

杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)