結子(一般女性)

By 2016年10月7日撮影後記

名古屋、関西の受け手が多くなった桟敷だ。今回も可愛い子だ、だが要求がすごい、苦痛系を求める。針、鞭が大好き好だ。


前にもこのスタジオで針を試みたがうまくは撮影できなかった。俺が針が肉に刺さる感覚を嫌ったせいだと思う。鞭、確かに西洋の写真を観るとさすが本場の写真とうなずけるが。俺の写真ではそんな優れたものはない。特にデジカメになってからはシャッターのタイムラグがありほとんど撮れていない。
結衣は痛みに長く耐えられるというから吊りも細部まで整えて構図を作り構えて撮影ができると判断する。逆さ吊りに形のいい乳がにゅきりと出ている、興奮して固くちじめた乳頭、男の指に強く掴まれた時、結衣は解放されたような呻きとともに大きく体を折り曲げた。受け手にスイッチがONに入った。クリップで責めよう。ますます結衣は苦痛とともに深く苦海に堕ちた。
昼食後に蓬莱さんのお手伝いの方が釣り竿ケースに数十本の鞭を入れて持ってきてくださった中から一本を選び打ってみる。やはり様にならない。だが蓬莱さんは打てと男にいう。結衣はそれを求めて来ているのだ、それでスイッチがまた入ればいい顔が撮れるという。たしかに空うちという方法もある。一つ覚えた。

文 杉浦則夫
杉浦則夫緊縛桟敷 掲載内容  会員登録ページ 
注意:
月額会員サイト「杉浦則夫緊縛桟敷」でのダウンロード作品の掲載期間は四週間です。
掲載終了後は姉妹サイト「緊縛桟敷キネマ館」にて販売される予定となっております。※販売時期は当分先になります。
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →
tw-161006-yuiko

1件のコメント

  • 若園健一 より:

    今日、わらびミニ劇場で拝見しました。ものすごく可愛くて清楚な結子さん、ダンスも素敵で裸体が美しくドキドキしました。最高に楽しいひとときでした。若園健一

コメントをどうぞ