さくら

By 2016年12月22日撮影後記

ひさびさのコスプレ衣装で撮影をしてみた。蓬莱さんから送られて来たさくらさんの写真と衣装をみてすぐさま企画を承諾した。じつによく似合っていた。地方で絵画と写真のモデルをしているといいことです。そのわりには緊張して目がパチパチと閉じるは、ほうはこわばるはで撮りにくい、これはモデルと写真家の葛藤である。


出だしは失敗。拉致されて廃ビルのリフトのホールに放置されたさくら。撮影開始から30分が経つがなかなかなじまない。どこかでさくらにスイッチをONに入れなければと焦る。木製のクリップに仏壇ローソクを灯して乳頭にはさみたいと説明をする、痛い痛いと大騒ぎだが3、4度のテストでなんとか痛みをこらえる事ができた。この騒ぎを機にさくらにスイッチがはいった。こぶりの尻をカメラにむけて可愛いです。あらあら花芯をクリップで挟まれ開かれるとは、恥ずかしいかぎりだが動けない、動けば乳房のクリップが揺れる、仏壇ローソクが落ちる、あな恥ずかしい。快調な撮影もつかの間、左の上腕を痛めてしまった。縛りにはかなり注意をしていたつもりだが痛めてしまった。高て小手は望めない。だがさくらは大丈夫ですとがんばる。

文 杉浦則夫
杉浦則夫緊縛桟敷 掲載内容  会員登録ページ 
注意:
月額会員サイト「杉浦則夫緊縛桟敷」でのダウンロード作品の掲載期間は四週間です。
掲載終了後は姉妹サイト「緊縛桟敷キネマ館」にて販売される予定となっております。※販売時期は当分先になります。
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →
tw-161215-sakura

コメントをどうぞ

杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)