みつきさんと蓬莱縛り師は10年来の縄の付き合いがある二人だ。みつきは苦痛系が好みで、特に鞭が好みのMである。先にも書いたようにスパンキングはデジタルカメラが苦手とする(タイムラグが鞭の動きを狂わせる)だが縄の霊気も相当に体内に入れている。


まるで皮下脂肪の様な縄の霊気はいっとうの縄がかかるとみつきの全身を狂わせてオーラが舞った。解脱に近く、体の力が
すーと抜ける様が見える。ふっくらと丸い太ももは熟女の魅力をみせている。ここでお詫び。後半は多くを吊りに費やしたが。縄の弛みがみっともない、これは私の指示で行った。縄の緊張と弛緩のバランスをとろうとしたのであるが失敗した。逆海老吊り責めはみつきの得意とする吊りなのか迫力があった

文 杉浦則夫
杉浦則夫緊縛桟敷 掲載内容  会員登録ページ 
注意:
月額会員サイト「杉浦則夫緊縛桟敷」でのダウンロード作品の掲載期間は四週間です。
掲載終了後は姉妹サイト「緊縛桟敷キネマ館」にて販売される予定となっております。※販売時期は当分先になります。
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →
tw-161103-mitsuki

コメントをどうぞ