黒木いくみ

By 2018年5月10日撮影後記

唇をテーマにした絵画の名作が多くある。それは男性目線の唇を花芯にみたてた作品だ。もちろん形と表情は好みではある。黒木の肉厚なふっくらたした唇はセクシーであり、それを使ってのオーラルセックスはどれほどの快感を与えてくれるものかと想像しながら撮影をしていた。

衣装は奈加さんのみたてで夏の和装にしようということでお借りした。白の長襦袢がうっすらと透ける絽の和装が涼しげで黒木の白い肌を清楚に仕立てた。わきたつ新緑にその姿がいっそうに若々しい美しさを作った。その美しさは光のとどかない薄暗闇の部屋にも残った。このまま匠くんを忍ばせて物語を始めようとスタートした。乱れた裾の奥にのぞきみえる黒い茂みをこじあける男。竹坊に固く縄度目されたむきだしの尻。雪肌でふっくらとした丸い尻がうごめく。花芯を見せまいとする苦しげな動き。男の眼差しが笑った。

今日は女の体液をテーマに撮りたいとのぞんだ。鼻水、涎、汗、涙、小水、淫水、潮吹き、それらであったが終わってみるとほんのわずかな収穫でしかなかった。いつの日かこれらをてーまにする。 

「お前も縄が好きなんだな」と奈加さんが黒木と会話をしている。確かに縛られたいくみはとろりたした虚ろな表情をみせる。それもふっくらとした丸い尻のむこうに涙をふくませた虚ろな表情だ。
願望が叶う吊りでは涎をとろとろとこぼしながらの忘我の想いである。
文 杉浦則夫

撮影 杉浦則夫 緊縛 奈加あきら 助演 河辺匠 制作 杉浦則夫写真事務所
掲載開始日 2018.5.3・10 掲載終了 2018.6.14
杉浦則夫緊縛桟敷 掲載内容  会員登録ページ 
注意:
月額会員サイト「杉浦則夫緊縛桟敷」でのダウンロード作品の掲載期間は四週間です。
掲載終了後は姉妹サイト「緊縛桟敷キネマ館」にて販売される予定となっております。※販売時期は当分先になります。
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →

コメントをどうぞ

杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)