+縄+想い 04

By | 緊縛コラム | 4 コメント

「鶴」

遊女として初めてのお客様に付く日、私は鶴と花が描かれた鮮やかな赤い襦袢を身に着けさせられました。それまで着たことがないくらいの賑やかな襦袢は、新米遊女には心が躍るような感覚を与えてくれたのです。
続きを読む

+縄+想い 03

By | 緊縛コラム | 2 コメント

「許された縄から・・・生まれた」

 退院してから約1週間後に、縄に触れることが出来たんです。ただ、それまでのガッチリした縛りではなかったけど、私の中には不思議なモノが生まれました。

 体調は完全に復活していたと思っていましたが、体力が無くて、すぐに疲れてしまうために、椅子に座っているよりも横になっている方が楽だったのでゴロゴロとしていました。
 貴方は「煙草を買いに行ってくるから」と言ったので、私は「今がチャンス」とひらめいて「手だけでもいいから縛ってから行って」とお願いしてみました。NGの答えが返ってくるかと思っていました。 続きを読む

艷枕物語 第2巻 石原めぐみ

By | 近況報告 | コメント 0

makura-002-img杉浦則夫緊縛桟敷の会員サイト内で見れるWEB書籍に新しいコンテンツ「艶枕物語」が始まりました。
これは作家さんが杉浦則夫作品に物語を付けてくれた作品です。以下一部をご紹介します。

艷枕物語 第2巻 石原めぐみ

 でも、胸の奥のほうには、あなたへの弱い光がチカチカと、いつでも瞬いています。
見つけてください。気づいてください。
先生、先生、わたしの大好きなせんせい・・・。


みづなれい 子どものような艶 前後半掲載

By | 撮影後記 | コメント 0

昨年の夏にみづなれいさんを緊縛新聞に掲載したところ(いいね)のカウントが過去最高値で驚きとともに人気の実力を改めて知らされた。
(いいね)と表示されているロゴになんだか違和感をおぼえる、作り手の労をあっさり一言で批評をくだしつきはなされたような感じを受ける、(いいね)は並のできだ(すばらしい)がほしければもっと努力せいと云われているようでひがみ根性がちらつく、並の出来映えで拍手がいただけるのであるから素直に感謝いたします。自分のことばかりのやとちり、これはみづなれいさんに送られたエールの数でもあったのでした。
続きを読む

+縄+想い 02

By | 緊縛コラム | 4 コメント

 私は、ムシロの上に横になったりして写真を撮られていました。が突然、座っていた私の背後にムシロが立てかけられました。分かりやすくいえば、ムシロの屏風の背にして座っているだけでした。
続きを読む

+縄+想い 01

By | 緊縛コラム | コメント 0

くも膜下出血で倒れた美帆、一月の入院で術後の経過もよく退院した。
頭部の手術だからかの見事な黒髪は剃りおとされてスキンヘットで手術の傷跡を痛々しく見る覚悟で面会許可がでた病院に見舞いにでかけた。面会者用の待合室におぼつかない足どりで現れた美帆の黒髪は奇跡的にふさふさと揺れていた、しかも髪を洗っていないせいか櫛もとおらないほどの汚れで黒髪は乱れていた、それは伊藤晴雨が描く黒髪の女の姿である。 続きを読む

杉浦則夫緊縛桟敷(年齢認証)

これから先は、成人向けコンテンツです。
成人向けの言葉や映像が含まれています。18歳未満の方または大人ではない方は閲覧できません。

あなたは18歳以上ですか?

(ご自身の居住区や地域社会における規範・法律にしたがってください。)