極私的緊縛野史 nao

By 2016年5月20日新作案内

題名:極私的緊縛野史 nao 撮影:杉浦則夫 緊縛:一鬼のこ
DVD(約82分) + B5版ブックレット付き。



blog-gks002-img-s1

撮影:杉浦則夫 出演:nao 緊縛:一鬼のこ

狭い空間というのは被写体と俺とのつながりを密にするのか、なおさんの恥じらいが新鮮に見えたのか、いつにはない空気がただよった。裸の写真は猥褻であり美しくもあるが、和服の色彩の艶やかさとおぞましおい縄の組み合わせもいいものだ。
杉浦則夫 撮影後記より


数年だけですが、縛りのモデルとしてたくさんの作品に関われたことは、自分にとって幸せでした。今夏で、エロチカジャポネスク主催を残し、表に出るお仕事はお仕舞いにします。最初で最後の緊縛桟敷、是非ご覧下さいませ。
nao Twitterより

極私的緊縛野史 nao 販売ページ→

DVD(約82分)+ B5版パンフレット付き 4,800円 +税
書名 極私的緊縛野史 nao
出版・発行 杉浦則夫写真事務所
発行年月 2016年5月

1件のコメント

  • 烏丸美玲 より:

    作品を最後まで見てたら涙が出た。
    なんて綺麗な人なんだろうと改めて思った。写真一枚一枚に物語を感じた。最高の一枚を収められる杉浦先生の技量は、やはりすごい。引き出す先生、それに応えられるなおさん、どちらも一瞬が本気。初めから終わりまで熱が冷めなかった。

    なおさんは縄がよく似合う。縄と紫の着物となおさんが見事にマッチングしていて、他の人にはこの味は出せないと思った。年を重ねたからこそ出せる大人の色気があり、映像から目を離せなくなるような魅力がある。

    なおさんの普段のおちゃめな可愛らしさとはうって変わって、艶やかな色っぽい表情。自分が痛いわけでも苦しいわけでもないのになおさんの豊かな変化に、まるで自分が苦しいような気持ちにさせられた。なおさんの苦悶の表情の見るたびドキドキした。

    怒涛の82分間。休む暇すらなく駆け抜けていた。 撮影はとても大変だったと思うけど、全く感じさせない映像であった。 最後のなおさんの笑顔をみてほっとした。

    撮影しているスタッフさんの細やかな気遣いや、気配りが所々で感じられてあたたかかった。撮影現場をみて緊縛についてとても勉強になり、それと同時に自分の緊縛への熱が沸き上がってきた。

    なおさんの美しさが詰まった作品。大切に何度も見たい作品。縄が似合う女性って素敵。なおさんありがとうございました。

コメントをどうぞ